風俗で働く際には自分の仕事に誇りを持つ

私の彼女の友達のなかに風俗で働いている方がいます。
彼が風俗の世界に入ったのはつい最近の事です。
始めはなかなか慣れなかったそうです。
風俗と言うのはたくさんの男性が訪れます。
ですので始めはその対応に苦労したそうです。
風俗業と言うのは、一種のサービス業でもあります。
それゆえお客の要望に応える必要があります。
私はどうしてこの風俗の世界に入ったのか聞いてみました。
するとやはり給料がいいと言う事ところに魅力を持ったそうです。
OLの仕事と比べると、この風俗業の方たちの給料はかなり差が出てきます。
男性の私が見てもそれは分かります。
しかしその分仕事も大変になってきます。
またどういう男性から指名されるのか、その日になってみないと分かりません。
そしてその男性との相性もあります。
男性はキャンセルできて、風俗嬢のほうからキャンセルする事はできません。
その点を彼女は強調していました。
私はそれを聞いてとても納得しました。
そこはサービス業なので仕方のない事になってきます。
しかし私が風俗嬢であれば、相性の悪い男性はキャンセルするかもしれません。
そうなると当然解雇の対象になってきます。
そのような事を考えると、彼女に感心する事もあります。
彼女は今の仕事を、ネットの風俗求人の情報でみつけたそうです。
最近はそのようなネットの風俗求人の情報が多くなってきています。
そこにはネット社会が背景になっているのでしょう。
そして彼女は、今後も今の仕事を続けていきたいと言う事でした。
彼女自身今の仕事に誇りを持っているみたいでした。
私はそれを聞いてますます感心しました。
自分の仕事に誇りを持てる、と言う事はとてもすてきな事ではないかと思います。